オフィス・ロマンディー

  OR_logo8.jpg(4953 byte)

トップ >   著書紹介

鈴木光子の著書紹介

著者略歴
スイス政府観光局、局次長として23年間に亘り、数々のスイス宣伝・販売促進活動を展開。1999年退職後、 オフィス・ロマンディー設立。スイス、特にフランス語圏の魅力を、斬新な切り口で紹介し続けている。
スイスへの渡航回数は80回近く。現職時代のニックネームは、「ハイジおばさん」。
スイスアルプスハイキング日本導入の隠れた仕掛人でもある。日本ペンクラブ会員。日本旅行作家協会員。

***全国の書店にてお求めください。(一部絶版あり)***
ピアニスト表紙

10. 『ピアニスト』(翻訳)

原作 : 「Piano chinois」, エティエンヌ・バリリエ著
アルファベータ 2013年  定価1,995円
ページ数:166頁   ISBN 978-4-87198-578-9

2人の音楽評論家が、1人の東洋人の美人ピアニストに対する賛否両論の批評を、 ブログとメールのやりとりで戦わせるという手法で書かれたこの小説は、登場人物に実際メール しそうな臨場感を持ちます。モデルは、日本でも人気爆発の弱冠26才の中国人ピアニスト、ユジャ・ワン。 音楽における「視覚」の意味から、東洋人は真に西洋の音楽を理解できるのか否か、西洋音楽とは何なのかへと議論を展開します。   発刊後2週間あまりの4月17日付け日本経済新聞夕刊で、「目利きが選ぶ今週の3冊」に選ばれ、5つ星が与えられています。
『いとしのエラ』表紙

9. 『いとしのエラ』〜エラ・マイヤールに捧げる挽歌』

原作 : 「Chere Ella - Elegie pour Ella Maillart」
BOC出版 2009年
定価:1500円  ISBN:978-4-89306-176-8
ページ数 :188頁

ジュネーブが生んだ、20世紀最大の女性冒険写真家、エラ・マイヤール の晩年の2年間を介護した女流作家、アンヌ・ドゥリアの筆による、感銘深い詩文です。 このたび、スイス大使の献辞を得て、待望の日本語版が刊行されました。
アジアと西欧双方の世界観を体現した超高齢のこの女性の言動は、 介護される立場に立つ高齢者の尊厳を伝えます。 エラの終生の活動に加え、晩年を過ごした、アニヴィエの谷とシャンドラン村、エラ・マイヤール記念館 などを紹介します。
>>>エラマイヤールの詳細
『スイスとっておきの旅便り』表紙

8. 『スイスとっておきの旅便り』

JTB、2001年    定価:1,680円
ページ数:160頁  サイズ:A/5版  
ISBN:4-533-03820-4

著者はじめてのエッセイ集。「オードリーの墓」、「アニヴィエの谷に眠る謎の巨石」、「ホテル王セザール・リッツ」 「氷河特急の旧路線」など,15篇。 
『世界歴史紀行』表紙

7. 『世界歴史紀行・スイス』

読売新聞社、1987年
絶版 (当オフィスに多少の在庫あり)
ページ数:228頁  サイズ:A/5版

ツアコンの虎の巻と呼ばれた、判り易いスイスの歴史紹介。「スイスでも温泉にはいったローマ軍」、 「スイス建国」、「ナポレオンとスイス」など、22篇。
『ジュネーブとレマン湖地方』表紙

6. 『ジュネーブとレマン湖地方』

日経BP、2001年    定価:1,680円
ページ数:228頁  サイズ:A/5版  
ISBN:4-86130-210-2

ジュネーブの街に深く入り込んでその複雑な歴史を語り、フランスのシャモニーにも足を伸ばし、さらにスイスのリビエラと呼ばれるレマン湖畔から、 時計産業の中心ジュラ地方の、大小さまざまな街や村、山岳リゾートを、一つ一つ徹底的に紹介した、スイス西部の旅行の必携ガイド。
『スイスアルプス花の旅』表紙

5. 『スイスアルプス花の旅』

講談社カルチャーブックス、1995年    絶版
ページ数:128頁  サイズ:A/5版


当時スイス在住の発生生物学者山田常雄博士の写真と解説に、著者が花巡りハイキングと季節の風物を添えたもの。 ハイキングガイドと花図鑑を兼ねた、幻の名著。
湖と森とメルヒェンの国『スイス紀行』表紙

4. 湖と森とメルヒェンの国『スイス紀行』

クレオ、1994年    定価:2,990円
ページ数:144頁  サイズ:A/4版  
ISBN:4-906371-45-0

写真家、中塚裕氏の大型写真をちりばめた写真集的編集の豪華本。 「峠はアルプスと人の融合の証し」、「牧童は美しいスイスの庭師」、「メルヒェンの国スイス」など、大型本ならではの、ポエティックな8篇。 
『スイスロングステイの楽しみ方』表紙

3. 『スイスロングステイの楽しみ方』

NTT出版、1998年    定価:1,575円
ページ数:194頁  サイズ:小B6  
ISBN:4-87188-648-4

最近、再び人気上昇中の、スイスの貸しアパート/貸しシャレーを週単位で借りて長期滞在する、「スイスロングステイ」の先駆的な著書。 現在では、インターネットの普及で予約はより簡単になったが、基本的なシステムと、その安さ、楽しさは、21世紀でも不変。
『ニューツアーガイド〜スイス』表紙

2. 『ニューツアーガイド〜スイス』

ゼンリン、1999年    絶版
ページ数:208頁  新書版

スイス全国を網羅する基本的ガイドブック 
『スイスを旅する会話』(ドイツ語)表紙

1. 『スイスを旅する会話』(ドイツ語)

三修社、2002年    定価:1,995円
ページ数:144頁  サイズ:A/5版  
ISBN:4-384-03414-8

チューリヒを舞台にした、ドイツ語の旅行会話集。「日本語」、「ドイツ語」、「その読み方のカタカナ」の3段並列式なので、スイスのドイツ語圏を旅するには意外と便利。現地でドイツ語部分を示せば、喋らなくても済むというわけ。CDつき。